摂心会懇親会では句会をします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

本年度の摂心会より、最終日前夜の懇親会ではそれぞれが、この摂心会で感じたことを中心に句会をします。今回は下記のような句がよせられました。摂心会の雰囲気を感じていただけるのではと思います。

1 夕焼けに染まる落ち葉の散歩道  高照
2 新米の香りかぐわし朝ごはん  高照
3 秋黴入りいつしか庭樹の色づけり 尾﨑
4 虫の声消えて鈴の音聴きやすし  甚深
5 串団子買うて無月の道帰る  光連
6 秋の雨静かに参禅終わりけり  甚深
7 耳鳴りにまぎれて細るキリギリス 光連
8 道場に住み着いたる虫数多し  蟠竜
9 木犀の香で摂心の月になり  甚深
10 咲き残る吾亦紅活け風炉名残  光連
11 やわらかな雨になりけり花野径  尾﨑
12 秋雨やクモは糸張り虫ねらう  妙薫
13 身に入むや盌のぬくみを抱きながら 光連
14 居士寮にマナーモードの虫の声  蟠竜
15 隠寮へ秋の灯の二つ三つ  尾﨑
16 蜉蝣の命儚くふるえけり  法泉
17 西王母狂ひて咲くや月の頃  光連
18 雨止みて聞こえる虫の音ひそやかに 法泉
19 銀杏と晴れ着の孫の宮参り   清風
20 われもこう古茶碗と出会う朝茶かな 妙薫
21 長雨で爽やかなく衣重ね   妙薫
22 水田にポッカリ サークル秋うんか  義風
23 木々の葉もしぶく色づく秋の風   高天
24 カメムシの臭いに怒る夜長かな 義風
25 秋雨や花の命を知るものぞ 高天
26 台風に雲乱れたり刈田かな 晩水
27 寒しげに秋雨の刈田稲架並ぶ 晩水
28 道ぞいにつるし柿なる台風下 晩水

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です