人生を整える座禅の効用

このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC_7205

土曜日の夜と日曜日朝は道場にて座禅をしています。
私にとって道場で週末に座る座禅は、日常生活で心身に貯まった荒みを洗い流し、リセットした心身でまた月曜日からの仕事に元気に取り組める大切なものです。少し座禅について考えてみます。
座禅をするということは身体・呼吸・意識を整え、心の安定をはかる具体的な取り組みです。
背筋を伸ばした正しい姿勢を保ち、吐く息、吸う息に意識を向けていると、心は水面のように澄み渡ります。その澄み渡った心で物事をありのままにとらえる時、こだわりやとらわれを離れた真の自由が得られます。
座禅は2500年以上にわたり行われ続けたきた東洋の知恵の道です。心を静め、磨き、本当の自分と人生を見出すメソッドです。
体を整え、息を整え、心を整えます。
人が整うと外が整います。外が整うと人生が整います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です