餅つきは日本人のDNAが喜びます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

20151227餅つき

平成27年12月27日(日)
毎年の年末行事、恒例の餅つきを行いました。
早朝座禅終了後、7時前から準備を始め、8時過ぎからつきはじめました。
10年来ボランティアとして来ていただいている高知大付属特別支援学校の教員3名が中心となり、道場のメンバー4名と12時前までかかって14臼つきました。蒸す蒸籠や臼、杵の温まりが足ない最初はややしっとりこない餅でしたが、3回目以降からは、透明感のある、それこそ餅肌のきめ細かく、なめらかな餅が出来上がっていきました。
大詰めとなってきた師走ですが、例年より暖かな日差しの下、簡易オクドの上に乗せた蒸籠を蒸す煙の匂いや、餅をつく音が、日本人の、農耕民族として収穫したモチ米をつき、おいしい保存食とする喜びを感じる時間でした。
出来上がったお餅はお世話になっている方々に贈ったり、参加したもので実費配布したりしました。何といっても、つきたての餅の雑煮の味は格別でした。この餅つき行事を行うと、本年もいよいよ終了だと感じます。先週から庭や室内の掃除をし、しめ縄を玄関に飾り、本日の餅で鏡餅も作り、新年を迎える準備が整いました。
皆様、どうぞ、よい新年をお迎えください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です