合掌の精神

このエントリーをはてなブックマークに追加

人間禅四国道場の先輩である井原澄徹老居士の著書『河童毒言』より

「合掌の精神」
耕雲庵老大使は「合掌」を次の3点に要約されています。
真理に合掌する   (正しく 法)
自己に合掌する   (楽しく 仏)
おたがいに合掌する (仲よく 僧)
まず、「真理に合掌する」から多少、蛇足を加えさせていただきます。「真理」とは、天地に先立って生じているもので、人間が創造したものではないことはご承知でしょう。日月星辰の運行、春夏秋冬の変化、生老病死の事実。花が咲き、鳥が鳴くのも「真理」のあらわれです。是非善悪は人間中心の規則で、そのまま「正しい」といえないのは、戦争一つ例に考えれば、明らかです。環境汚染、公害などの問題も同じでしょう。何が正しいか、何が真理なのかを見極めない盲動は、人類破滅の方向に突進する危険性を多分にもっています。「赤信号、みんなで渡れば」式ではなく、バカ正直と笑われようと、立ち止まる勇気が必要だ、と思います。政治・経済ばかりでなく、身近な家庭・職場・育児などの面でも「金剛王宝剣」をふるう大勇猛心が大事でしょう。それが「真理に合掌する」第一歩だ、と思います。
次に、「自己に合掌する」。中国、宋時代の大詩人・蘇東摑が、合掌して立つ観音様に疑問を抱き、質問しました。「観音様は、いったい、どなたに合掌して?」師の仏印和尚はただひとこと。「ただ、観音の御名を念ずるのみ」。観音様は観音様に合掌するのです。自己に合掌するのは、この精神なのです。「主人公」に合掌するのです。「主人公よ!」と自分で自分に呼びかけ、「煋々着!(他にまどわされるよう、しっかり目をさませておれよ)」と自省自戒を繰り返された師彦禅師の故事を思い出してください。自分の弱気や怠け心も「他」です。だれもが本来持っている「天上天下唯我独尊」の仏性に合掌するのです。「他に求むるは、自らに求むるに如かず」「天は、自ら救う者を救う」そんな言葉も思い出されます。自分を本当に愛するのなら、自分に合掌して、自己を最大に生かすべく最善の努力をすべきです。それこそが本当の「楽しさ」でありたいものです。
三つ目の「おたがいに合掌する」は、上記二つを考えていただければ、おわかりでしょう。おたがいの等しくそなわっている「仏性」に合掌しあうのです。おたがいの人権を尊重しあうことなのです。「僧」とは、お寺のお坊さんだけをさすのではなく、ここでは「和合衆」と訳され、植物・鉱物・動物も含めた「仲間」が適切だと思います。
以上、「合掌の精神」の概略を述べさせていただきました。合掌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です